お菓子は目に入らないところに置きましょう

お菓子は目に入らないところに置きましょう。

 

 

人は目で見てしまうと刺激を感じてしまいます。

 

 

 

お店に行くとついついちょこちょこと、必要のないものも買ってしまうことはありませんか。

 

 

 

自分もそうで、買い物が大好きなのでコンビニに行ったり、スーパーマーケットにいったりすると、食べ物を買ってしまう癖がありました。

 

 

 

お菓子が安売りしていたり、好きなフルーツが置いてあるのを見ると籠に入れてしまうのです。

 

 

 

フルーツもカロリーが低いように見えて、意外と糖分が入っているので要注意です。

 

 

 

チョコレートは癖になる甘さが独特で、一口のつもりでも止まらなくなってしまって一袋あっという間に平らげてしまったこともあります。

 

 

 

悩ましいのが買い物にいってしまうからだと気づくのにかなり時間をかけてしまいました。

 

 

 

前につくところにおいしそうなものを置かないようにすれば、食べようという気持ちも置きません。

 

 

 

会社のデスクにもおやつなどは持ち込まないようにしました。見なければ食べなくなるのは当然の事でした。

 

 

 

ぜひ一度やってみてください。

 

 

その一口がデブの元

一口だけといって、止まらなくなってたくさん食べてしまったことはないでしょうか。

 

 

 

女性はスイーツが大好きです。

 

 

 

私の母もチョコレートを常備していて、いつもチョコを食べています。

 

 

 

精神安定剤のようなものだから、やめることはできないと言い張っています。

 

 

 

チョコレートは体にとても悪いので、やめてほしいなあといつも思っています。

 

 

 

昨日なんかは、歯が痛いと言って敗者に出かけていきました。

 

 

 

案の定、前歯が深刻な虫歯になっていて、神経を抜く治療を受けて帰ってきました。

 

 

 

そんな目に遭った直後でもチョコレートを食べています、本当にあきれてしまいます。

 

 

 

チョコレートは、漢方的にも体に一番悪いものだと言われています。

 

 

 

脈が乱れて、体を冷やしてしまう代表的な食べ物だそうです。

 

 

 

砂糖をなめるのは、一口くらいで飽きてしまいますが、チョコレートだと一口だけではなくもっとたくさん食べたいと思ってしまうのはなぜでしょうか。

 

 

 

お菓子の会社がうまく中毒になるようなものをいれているに違いないと思ってしまいます。

 

エステダイエットおすすめサロン

ダイエットのことならエステを活用する方法があります。

 

 

 

これなら美容外科・クリニックで脂肪吸引をするより、断然リーズナブルです。

 

 

 

エステのダイエットでお馴染みになっているキャビテーションなら、ウエストだけを細くすることができます。

 

 

 

施術をするときは着替えをしてからベッドの上に横になるだけでOKです。

 

 

 

Vitule(ヴィトレ)なら、頑固なセルライトにアピールするプランをオーダーメイドすることができるうえに、初月だけゼロ円です。

 

 

La・Parler(ラ・パルレ)でも、サロンでオリジナルのセルライト撃退コースが、初回限定のワンコインでトライアルできます。

 

 

このどちらのエステサロンも強引な勧誘がなく利用しやすいと評判です。

 

 

 

エステでは初回に限らず、施術をしてからも女性のスタッフさんがホームケアのアドバイスをしてくれます。

 

 

 

カウンセリングをする場合は、サロンが運営数ホームページにあるフォームから24時間で予約をすることができますのでご利用ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です